ホーム>お客様と共に造る家づくり

お客様と共に造る家づくり

設計から施工までのメリット

家族のこだわりを形にする注文住宅を考えた時「安全で良質な家がいいが、できるだけ安く抑えたい」と思う方も多いのではないでしょうか?注文住宅を依頼するには「設計と施工を別々に依頼する方法」と「設計と施工一括して依頼する方法」の二種類の方法があります。

こちらでは、設計から施工までを一括して依頼することのメリットをご紹介します。

独自の技術を設計に取り入れることが可能

独自の技術を設計に取り入れることが可能

設計と施工を別々に依頼すると、「施工会社が設計事務所のイメージ通りの素材や工法に対応できるかどうか」というポイントが注目されます。

しかし、設計から施工までを一貫して依頼することで、その会社独自の免震工法省エネ技法などを設計の段階から取り入れることができます。また、特殊な建材を使用する際の「対応できない」というような心配もいりません。

工期の短縮が実現できる

工期の短縮が実現できる

設計事務所と施工会社を別々に依頼すると、設計事務所で設計図が完成した後に施工会社へ持って行き、建設の準備に取り掛かります。そのため、着工が遅れて工期が長くなってしまう場合があります。

一方、一括で依頼する場合は、設計の話し合いを進めながら先に解体や仮設工事を行うことができるので、工期短縮が実現できます。

費用を安く抑えられる

費用を安く抑えられる

別々に依頼することで、建設にかかる費用とは別に設計士への支払い料金が発生するだけではありません。費用面の管理が不得意な設計事務所だと、品質にこだわりすぎて、施工会社に見積もりを出してもらうと設定していた予算をオーバーしているという可能性もあります。

一括して依頼すると、設計内容の細かい部分まで把握している方が施工を行うため、会社独自の技術や施工ノウハウを活用しコスト削減に取り組むことが可能になります。また、借り住まいを利用する場合には、工期短縮されることで借り住まいにかかる費用も抑えることができます。

家族が安心して暮らせる理想のマイホームを

広島県呉市周辺で新築住宅・注文住宅・古民家再生をお考えでしたら、「建築屋 shinseigumi」にお任せ下さい。
「建築屋 shinseigumi」は、自然木を使用した一戸建て住宅を得意としております。
これまでの施工事例も多く、設計から施工まで一括して承っております。

家族が安心して暮らせる理想のマイホームを建てるなら、自然素材にこだわる「建築屋 shinseigumi」にお任せ下さい。見積もりやご相談も随時承っております。

設計の流れ

設計の流れ

ここでは家を建てるための計画をしていきます。

家を建てるには設計が必要です。よく目にする間取りのことです。玄関、キッチン、リビングダイニング、お風呂、トイレなどの位置や大きさを見やすくしたのが間取り図です。間取り図を建築の専門用語で平面図といい、職人さんが見るのが設計図です。

建て売りの場合は家と間取り図を見比べることができます。注文住宅は間取り図と見比べることができないため、理想の家とは異なり「失敗した」と思うかもしれません。

建築屋 shinseigumiではお施主さんのライフスタイルに合った快適な空間をご提供するため、3Dを活用しています。家族が集まるリビングのレイアウト、内装ドア、ちょっとした隙間を利用した収納などにも対応しています。

二世帯住宅、高齢者住宅などをお考えの方も対応していますのでご参考にして下さい。理想の家を建てるまで必要な設計の流れを簡単に説明しています。

間取り図

施主さんと打合せをさせて頂きます。施主さんの希望を聞き、建築屋shinseigumiのアドバイスも入れながら簡単な間取り図にします。

施主さんに分かりやすい説明を心がけています。打合せは何回でも大丈夫ですよ。

注)ここまでは簡単な間取り図です。

設計3Dイメージ

建築屋 shinseigumiと、もっと打合せをしたい。と思って頂けたら、設計契約をします。家の外観や屋根の形を決めていきます。

注)
・設計料の見積もりまでは費用は発生しません。
・色はイメージです。実際とは異なります。

3Dにすることにより、立体的になり解りやすくなります。
施主さんの理想の家造りの始まりです。

設計3Dイメージ

家の中も3Dにしています。収納の位置や高さと物の配置などを確認します。
施主さんの身長も考えて出入り口の高さも決めていきます。
3Dにすることで施主さんの思いが職人さんに伝わりやすくなります。

注)色はイメージです。実際とは異なります。

建築屋 shinseigumiのこだわりのキッチン

建築屋 shinseigumiのこだわりのキッチンです。使いやすく、疲れにくいキッチンをご提案します。高さや収納を自由に決められますよ。
注)排水管などによってはできない場合もあります。

3Dは収納部分を新しくした場合です。ステンレスは再利用しています。

建築屋 shinseigumiのこだわりのキッチン

収納を引出し、開けた状態です。
施主さんの思いがこもったキッチンの3Dが完成です。

注)色はイメージです。実際とは異なります。

外構工事3Dイメージ

建築屋 shinseigumiは外構工事も3Dにしています。
出来上がりのイメージが解りやすいようにしています。
施主さんのお車の大きさや人の歩くところも考えて家に合ったプランを
提供しています。

注)色はイメージです。実際とは異なります。

家造りの無料相談

家造りに関して施主さんが納得されるまで打合せをしませんか?
木や自然素材がお好きな方なら大歓迎です。ご相談は無料で行っております。
ただし、理想の家造りには十分なお時間を必要とします。そのため、毎月2家族までとさせて頂いております。

設計から完成まで1年を要する場合もありますので、本気で家造りをお考えの方は、お早目にお問い合わせ下さい。
なお、金額等もお気軽にご相談ください。

平面図と立面図と3D製図の違い

家造りは、専門の知識がある方以外なかなか身近に触れる機会は少ないでしょう。実際に家を建てることになって業者に丸ごと任せてしまうと、理想の住宅・納得できる住宅とから遠のいてしまうというケースも考えられます。

外観・間取り・空間など様々な要素において「理想のマイホーム」を実現するためには、家造りについて知識を深めておくことも大切です。そこで、家造りの際に描かれる図面についてご紹介します。

物件の図面

物件の図面

平面図は、平屋でも複数階の建物でも、床から1m程度の高さで水平断面を図面にしたものです。平面図と間取り図が混同されることがあります。物件探しでは、間取り図を参考にする方も多いのではないでしょうか。

間取り図はスケールに関係なく描かれることもあり、物件のイメージという点で参考になります。平面図はスケールに従って描かれ、壁の厚さなども正確に表されるという点で間取り図と異なります。

立面図は、建物の外側を描いた図面です。一般的には、東西南北から見た建物の立面図が描かれ、姿図とも言われます。平面図と立面図があることで、建物のデザインやフォルムが分かります。また、建物を垂直な断面で描く図面を断面図と言います。断面図からは、天井の高さ・軒の出・屋根の勾配などを詳しく知ることができます。

平面に描かれる図面と3Dの図面

平面に描かれる図面と3Dの図面

現在では、3Dの図面が使われるのも一般的になってきています。いくら詳細な図面であっても、平面に描かれる図面であれば、それを見て頭の中で立体的にイメージする必要があります。平面では正確な表現力に欠け、何となくイメージを掴む程度となってしまいかねません。

3Dの図面は、パソコンの中の仮想空間で図面を立体的に描くことができます。3D図面の特徴は、何と言っても視覚的にとても分かりやすいという点が挙げられます。より正確に具体的なイメージを掴むことができますし、直線だけではなく曲線を取り入れた複雑な図面にすることも可能です。

住宅の外観や内部などをあらゆる角度から見ることができ、いろいろなイメージを設計者に相談しながら、理想的なマイホームにつなげることができるのです。

自然木を活かしたマイホーム

広島でマイホームをお考えの方は、自然木を活かした家造りをしている建築屋 shinseigumiにご相談下さい。
3D製図を駆使し、図面を制作しております。出入口の高さ・収納の広さや位置・こだわりキッチンなど細部を3Dで表現することで、お客様の思いが職人に伝わりやすくなり、理想のマイホームを実現することができます。
ホームページでは施工事例を紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみて下さい。