ホーム>施行事例>古民家再生>N様邸
古民家再生

N様邸

N様邸
N様邸
N様邸
N様邸
N様邸
N様邸

築100年以上の古民家を再生

築100年以上前の古民家です。柱や構造を交換してほしいと施主さんから依頼がありました。
解体や内装は施主さんがされるそうです。

解体

施主さんが解体した後です。残りの床を解体します。

古い材はいいですね。古い材は長い時間をかけて木が堅くなります。
状態が良いため、あまり腐りや虫食いもなかったです。

補強

斜めに木を入れ、建物が倒れないように仮に補強している所です。

屋根を持たせている構造が下がっている所を元の高さにしていきます。
築100年以上前の建物なのでコンクリートは無く石の上に柱を立たせています。

釘を使わない工法

構造を交換している木材は地元の檜を使用しています。

構造材に檜?と思われる方も多いと思いますが昔から神社などにも使用され耐久性に優れています。香りがとっても良いですよ。しかも、釘を使わない工法で施工しています。

元の材料を再利用

部屋の半分の床ができました。床の板は地元の杉を使用しています。
大黒柱はそのまま利用し、あとの柱は檜に変えています。

床を支える構造は出来るだけ、元の材料を再利用し、曲がりや変形している材は削って修正しています。

床

もう半分の床ができた所です。
施主さんから「障子までお願いします。」と頼まれました。

障子が通る上の部分はほぼ再利用ができないため、地元の檜を使用しています。
障子が通る下の部分は削って修正をし、再利用しています。
古い材も削るときれいな木目がでますよ。

障子

元の障子を調整し、はめてみました。障子をはめると部屋になりますね。

やっぱり障子は落ち着きますね。

天井や内壁は施主さんが仕上げますよ。
どんな感じになるか楽しみですね。

檜の丸太

構造に檜の丸太を使用しています。この丸太で屋根を支えていますよ。

古い障子は捨てれば産業廃棄物になりますが、再利用するといい感じの味がでますね。

ガラスの障子

ガラスの障子の奥は縁側になっています。朝日が入るといい感じです
ご近所の人からも好評でした。

工事中に近所の方からおにぎり等差し入れも頂きました。ありがとうございました。

みなさんのご協力により無事工事終了です。